2021年1月21日木曜日





2021年1月19日、清教学園の専用通学路「しらかしの径」を歩いていると、非常にきれいな鳥が十数羽ほどいるのを見つけました!写真を撮る前にすぐに飛んでいってしまったのですが、おそらく「ソウシチョウ」ではないかなと思います。

ソウシチョウは非常にキレイで、スズメほどの大きさでかわいらしいのですが、もともとペットとして飼われていたものが野生化したもので、特定外来生物、日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれています。

(下画像はwikipediaより引用)










https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

2021年1月9日土曜日

 1月8日、朝から非常に寒く、清教学園でも雪が薄らと積もっていました。
写真ではなかなか分かりにくいのですが、雪が降っている風景が非常にきれいでした!

サイエンス棟からは、桜、新緑、紅葉、雪景色と様々な景色を楽しむことができます。
(雪景色がなかなか見えないですけどね。)



2020年8月12日水曜日

「タマムシなんて見たことがない」
そんな話を聞いた翌日に清教学園でタマムシを見つけました。(2020年8月3日)
(わざわざ探しに行ったのではなく、サイエンス棟の外扉の前にいました。)

この輝きは何度見ても感動しますよね。

少し弱っていて動きが鈍くなっていたので、そっと移動させておきました。


2020年6月18日木曜日

シャリンバイにハナムグリ

5月25日に清教学園で撮影したシャリンバイです。花は見頃を過ぎましたが、花の中で何やらもぞもぞ・・ハナムグリが花粉や蜜を食べていました。辺りを見回すとハナムグリがたくさんいました!


4月の桜

今年度はコロナウイルスの影響で、生徒の皆さんは桜を見ることができませんでしたね。
(特に新入生の皆さんには桜の下で入学式を迎えて欲しかったですね・・。)
私が撮影した写真をアップしておきますね!次年度は満開のサクラが見れますように・・。






2020年3月17日火曜日

ツクシ(スギナ)

コロナウイルスの影響で学校は休校となり、校舎は静かで寂しいですが、それとは対照的に「しらかしの径」では、いつもより多くの野鳥が見られます(気のせい?)。今日も朝からみなさんの代わりにシジュウカラやウグイスが挨拶をしてくれました。

家の近くで聞いたウグイスの「ホーホケキョ」は非常に下手でしたが、清教学園のウグイスの「ホーホケキョ」の鳴き声は非常にきれいでしたね!

さて、今は校舎裏の斜面にツクシがたくさん生えています。授業をしていて「ツクシを見たことがありません」という声を聞きますが、新学期が始まる前のこの時期はなかなか植物観察をする人が少ないのですかね。。

ちなみにツクシは「スギナ」と呼ばれる植物(シダ植物)の胞子を飛ばすために器官です。みなさんがツクシと呼ぶものが「胞子茎」、その近くに緑色の「栄養茎」があります。この2つは地下茎でつながっています。



2020年3月5日木曜日

カワヅザクラ

3月1日(日)に堺市にある大仙公園で撮影した「カワヅザクラ」です。
カワヅザクラは早咲きする桜で、ちょうど見に行った時には満開になっていました。
サクラを見ているとメジロが飛んできたので、スマホを取り出して撮影したのが下の写真です。翌日、清教学園の専用通学路「しらかしの径」でも良い声でさえずるメジロをみかけましたね。