2018年10月19日金曜日

ヨメナ

清教学園専用の通学路「しらかしの径(みち)」に「ヨメナ」が群生しています。
(写真は10月18日に撮影。柵があるため少し離れての撮影です。画像が不鮮明で申し訳ありません。)以前清教学園グラウンド下に咲いている「シロヨメナ」を紹介したことがありましたが、こちらは「ヨメナ」であると思います。ヨメナは冠毛が無いのが特徴なので、また確認したいと思います!

前回のシロヨメナの記事の中に違いをまとめてあります。



2018年10月7日日曜日

ニラ

今までこのブログで「ニラと間違え食用し、食中毒を起こす植物」として「ハナニラ」と「スイセン」を紹介したことがあります。


先週日曜日に自宅周辺(堺市)を歩いていると、ニラの花が咲いていたので写真を撮りました。最近では野生化したニラもよく見ますね。と言っても先ほどのハナニラやスイセンと間違えやすいので、食べないことをオススメします。

ハナニラとは開花期が異なる(春に開花する)、スイセンは球根(鱗茎)をつけるという点で簡単に見分けることはできると思います。


2018年10月5日金曜日

ツリガネニンジン

清教学園専用の通学路(しらかしの径(みち))を歩いていると、金網の向こう側にかわいい紫の花が咲いているのを見つけました。「ツリガネニンジン」ですね!
花の形をお寺の釣鐘に、長い根茎をチョウセンニンジンに例え、この「ツリガネニンジン」の名前がついています。ツリガネニンジンは「キキョウ科」なので、チョウセンニンジン(ウコギ科)、食用のニンジン(セリ科)とは全く異なります。

(10月5日に清教学園で撮影)

柵の隙間から写真を撮ったので画質が悪いです。申し訳ありません。

2018年9月25日火曜日

イタドリ

写真は9月22日に撮影したイタドリです。イタドリは世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されるように繁殖力が旺盛なことが知られています。(日本の在来種ですが、イギリスなどのヨーロッパで植生を脅かしている。)

日本ではイタドリはスカンポと呼ばれ、春の新芽は食用にされたりもしますね。
さて季節は秋になってきましたが、あちらこちらでこのイタドリの花が見かけられます。よく観察してみると、意外ときれいな花をつけていると思いませんか??

高校生物では、遷移の初期に見られる先駆植物(パイオニア植物)としてススキやイタドリがよく登場しますね。


2018年8月31日金曜日

ドイツトウヒ(オウシュウトウヒ・ヨーロッパトウヒ)

清教学園の正門を入ると前には大きなモミの木がありますが、正門を入って左手(体育館側)にはドイツトウヒがあるのをご存知でしょうか?このドイツトウヒもモミと同様クリスマスツリーによく使われる木です。松ぼっくり(球果)は10cmを以上あり細長いのが特徴です。



写真は8月30日に清教学園で撮影。球果も落ちていました。

2018年8月30日木曜日

ナツフジ

夏休みも終り、清教学園では新学期が始まっています。新学期になり、清教学園専用の通学路「しらかしの径(みち)」を歩いていると、「ナツフジ」が咲いていました。
4月にフジの花をご紹介しましたが、こちらは夏に咲く「ナツフジ」です。白い蝶形の花がふさになって垂れて咲くのが特徴です。花は基部から順番に開花していきます。しらかしの径は陰になっていて気温が低いためか、花期は7月、8月と言われているにも関わらず、撮影をした8月27日でも写真のようにまだ開花途中ですね。

4月に投稿したフジの記事はこちら↓

2018年8月17日金曜日

サルスベリ

写真は清教学園で7月23日に撮影した「サルスベリ」です。漢字で「百日紅」と書くように花期が長いのが特徴で、8月17日現在でもきれいに咲いています。街中でもよく見かけますね!サルスベリの名は樹皮がスベスベしていることから「猿滑り」の名がついています。サルスベリは中国原産の観賞用の植物であり、森林などでは見かけません。