2018年10月19日金曜日

ヨメナ

清教学園専用の通学路「しらかしの径(みち)」に「ヨメナ」が群生しています。
(写真は10月18日に撮影。柵があるため少し離れての撮影です。画像が不鮮明で申し訳ありません。)以前清教学園グラウンド下に咲いている「シロヨメナ」を紹介したことがありましたが、こちらは「ヨメナ」であると思います。ヨメナは冠毛が無いのが特徴なので、また確認したいと思います!

前回のシロヨメナの記事の中に違いをまとめてあります。



2018年10月7日日曜日

ニラ

今までこのブログで「ニラと間違え食用し、食中毒を起こす植物」として「ハナニラ」と「スイセン」を紹介したことがあります。


先週日曜日に自宅周辺(堺市)を歩いていると、ニラの花が咲いていたので写真を撮りました。最近では野生化したニラもよく見ますね。と言っても先ほどのハナニラやスイセンと間違えやすいので、食べないことをオススメします。

ハナニラとは開花期が異なる(春に開花する)、スイセンは球根(鱗茎)をつけるという点で簡単に見分けることはできると思います。


2018年10月5日金曜日

ツリガネニンジン

清教学園専用の通学路(しらかしの径(みち))を歩いていると、金網の向こう側にかわいい紫の花が咲いているのを見つけました。「ツリガネニンジン」ですね!
花の形をお寺の釣鐘に、長い根茎をチョウセンニンジンに例え、この「ツリガネニンジン」の名前がついています。ツリガネニンジンは「キキョウ科」なので、チョウセンニンジン(ウコギ科)、食用のニンジン(セリ科)とは全く異なります。

(10月5日に清教学園で撮影)

柵の隙間から写真を撮ったので画質が悪いです。申し訳ありません。

2018年9月25日火曜日

イタドリ

写真は9月22日に撮影したイタドリです。イタドリは世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されるように繁殖力が旺盛なことが知られています。(日本の在来種ですが、イギリスなどのヨーロッパで植生を脅かしている。)

日本ではイタドリはスカンポと呼ばれ、春の新芽は食用にされたりもしますね。
さて季節は秋になってきましたが、あちらこちらでこのイタドリの花が見かけられます。よく観察してみると、意外ときれいな花をつけていると思いませんか??

高校生物では、遷移の初期に見られる先駆植物(パイオニア植物)としてススキやイタドリがよく登場しますね。


2018年8月31日金曜日

ドイツトウヒ(オウシュウトウヒ・ヨーロッパトウヒ)

清教学園の正門を入ると前には大きなモミの木がありますが、正門を入って左手(体育館側)にはドイツトウヒがあるのをご存知でしょうか?このドイツトウヒもモミと同様クリスマスツリーによく使われる木です。松ぼっくり(球果)は10cmを以上あり細長いのが特徴です。



写真は8月30日に清教学園で撮影。球果も落ちていました。

2018年8月30日木曜日

ナツフジ

夏休みも終り、清教学園では新学期が始まっています。新学期になり、清教学園専用の通学路「しらかしの径(みち)」を歩いていると、「ナツフジ」が咲いていました。
4月にフジの花をご紹介しましたが、こちらは夏に咲く「ナツフジ」です。白い蝶形の花がふさになって垂れて咲くのが特徴です。花は基部から順番に開花していきます。しらかしの径は陰になっていて気温が低いためか、花期は7月、8月と言われているにも関わらず、撮影をした8月27日でも写真のようにまだ開花途中ですね。

4月に投稿したフジの記事はこちら↓

2018年8月17日金曜日

サルスベリ

写真は清教学園で7月23日に撮影した「サルスベリ」です。漢字で「百日紅」と書くように花期が長いのが特徴で、8月17日現在でもきれいに咲いています。街中でもよく見かけますね!サルスベリの名は樹皮がスベスベしていることから「猿滑り」の名がついています。サルスベリは中国原産の観賞用の植物であり、森林などでは見かけません。



2018年7月25日水曜日

ブタナ

久しぶりの更新になってしまいました。今回の投稿は7月16日に撮影した「ブタナ」です。

よくタンポポと間違われる植物ですが、タンポポではありません。以前にも公園で親子が「タンポポが咲いているよ」「本当だね。タンポポが咲いているね」などとやり取りをしているのを見ながら「(‥それはタンポポじゃなくてブタナなんだけどな。でもここで「それはブタナですよ」というのもアレだし‥)」という思いをしたこともあります。是非皆さんもブタナを覚えて欲しいなと思います。

まず開花期が違います。タンポポは春先からたくさん見られますが、このブタナの開花期は6月〜9月頃、ちょうど今頃です。また茎が枝分かれしているのも特徴です。タンポポは花茎が枝分かれせず、1つの茎に1つの花が咲きますが、ブタナは枝分かれし、それぞれの茎に花がつきます。また、高さもブタナは50cm以上になるので少し大きい印象ですね!



ちなみに「ブタナ」の名前はフランスの俗名「豚のサラダ」に由来しています。

2018年7月13日金曜日

ハナツルソウ(園芸種)

清教学園の正面入口から通用門に抜けていく道の角(第一体育館の角)に、かわいいピンク色の花が咲いています。園芸種には詳しくないので調べてみると「ハナツルソウ」という南アフリカ原産の植物でした。英名では「Baby sun rose」という名前がついています。一見「マツバギク」かとも思ったのですが、同じ南アフリカ原産で、多肉植物ではあるものの、こちらの花はハナツルソウよりもふた回りほど大きいようです。


(写真は7月3日に撮影)

2018年7月12日木曜日

ホルトノキ

先日の大雨もあり、最近はなかなか植物観察を行えなかったので、今回は久しぶりの更新です。今回の投稿は、私が帰りの最寄り駅で撮影した街路樹の「ホルトノキ」です。ホルトノキの「ホルト」は「ポルトガル」を指します。平賀源内がホルトノキの果実を見てオリーブだと勘違いし、「ホルトノキ(ポルトガルの木)」と読んだそうです。(その当時ポルトガル人の持っていたオリーブ油が珍重されていたため。)
写真にあるように7月頃に花序を形成し、白い花を咲かせます!



2018年7月5日木曜日

フタバガキ(博物館で撮影したもの)

 今日は校内の植物ではないですが、博物館で撮影したものを1つご紹介します。

高校生物基礎で「世界のバイオーム」について学習する際、熱帯多雨林の代表的な植物として必ず出てくるのが「フタバガキ」です。教科書にも「熱帯多雨林は常緑広葉樹からなる森林で、東南アジアではおもにフタバガキの仲間などからなる」などと書かれています。

7月1日(日)に大阪自然史博物館に行った際に「フタバガキの種子」が展示されてありましたので写真を撮っておきました。「柿のような果実に2つの羽(萼(がく))」がついていることからその名が付いています。(写真を見るといかに大きな種子なのかが分かると思います!)


校内の植物を観察するのも良いですが、たまには博物館などで清教学園にはない植物を見てみるのもおもしろいですね!!

2018年7月2日月曜日

ヤブカンゾウ(ワスレグサ)

6月29日(金)清教学園の通学路「しらかしの径」を歩いていると、「ヤブカンゾウ」が咲いているのを見つけました。ヤブカンゾウ(藪萱草)の名は中国名の「萱草」を音読みしたものに、人里近くで生える「藪」の字が合わさっています。(「萱」は葉がカヤ(萱)に似ていることから)

別名はワスレグサと呼ばれており、この花は1日で花がしぼみます(朝開いて午後に閉じる)。


2018年6月30日土曜日

アメリカフウロ(その後)

5月8日の記事で「アメリカフウロ」について投稿しました。今回の投稿では「アメリカフウロのその後」についてです。

前回のアメリカフウロの記事はこちら→https://seikyorikabu.blogspot.com/2018/05/blog-post_8.html
下の写真は6月22日に撮影したアメリカフウロです。花が咲き終わって果実が形成されていますが、尖っている部分は花柱(雌蕊(雌しべ)の柱頭と子房をつなぐ部分)が残った部分で、果実の基部には5つの種子が入った袋があります。熟すと果実は下側から割れて反り返り、種子が散布されるという仕組みです。このような種子散布様式を「自動散布(自力散布)」と言います。


このブログではいつも「花」に注目することが多いですが、植物の他の器官に注目するのも面白いですね!!

2018年6月29日金曜日

ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー)

ドクゼリは、「ドクゼリ、ドクウツギ、トリカブト」と日本三大有毒植物とされていますが、花が密集しているこの「ドクゼリモドキ」には毒はありません。ドクゼリモドキは園芸種として利用され「ホワイトレースフラワー」と呼ばれています。どこに咲いていたのかというと、高校職員室横のプランターです。誰かが植えたのか、土に種子が残っていたのか‥。真相は謎ですね。

2018年6月28日木曜日

ユキノシタ

清教学園の正面入口の横の通路を通った先に「ユキノシタ」が咲いていました。(植えられているものです。)名前の由来には諸説ありますが、冬になっても雪に埋もれてもその下で枯れずに育つことからその名前がついています。

以前「ノビル」や「コモチマンネングサ」が「珠芽(むかご)」をつくり無性生殖するという記事をアップしましたが、今回のユキノシタも無性生殖を行います。どのような方法で無性生殖するのかというと、「走出枝(そうしゅつし)=ランナー」をつくります。母株からランナーを出し、ランナーの先端は子株となります。

(写真は6月19日に撮影)


2018年6月27日水曜日

ネジバナ

6月25日(月)に食堂前で撮影した「ネジバナ」です。ネジバナは花穂がねじれる様子から名前がついています。もじれて巻くということから「モジズリ」と呼ばれたりもします。ラン科では珍しく、庭先の芝生などにも生えます。
以前投稿した記事「左巻き?右巻き?ネジバナ」も是非チェックしてみて下さいね。
https://seikyorikabu.blogspot.com/2017/07/blog-post_14.html

2018年6月26日火曜日

マサキ

6月21日に清教学園の専用通学路「しらかしの径」で撮影した「マサキ」です。マサキは冬でも葉が青々としていることから「真青木」と呼ばれています。(名前の由来には諸説あるようですが‥)清教学園でも花が咲き始めました。小さい緑白色の花がかわいいですね。

マサキの葉は「十字対生」です。(茎の節に2個の葉がつくことを「対生」といい、隣の節の葉と互いに直交してつくのが「十字対生」)ハコベやヒメオドリコソウなども十字対生ですね。

しらかしの径を上がった左手にマサキの低木があります。


2018年6月25日月曜日

光をめぐる木々の競争と形作り(カイヅカイブキの例)

下の写真は清教学園のイブキ(カイヅカイブキ)と呼ばれる種を撮影したものです。

「樹冠(右図のような葉と枝の層)」のかたちは、明るい側でよく発達していることが多いです。

下の写真は明るい側から撮影したもので、明るい側で枝葉を集中させた構造になっているのが分かります。


下の写真は暗い側から撮影したもので、暗い側では少数の枝しかつくらなかったり、枯れたりしているのが分かります。
明るさに応じた枝のつくり方や枯らし方には、樹種によって違いがあったりもするので、そのようなところに着目して観察してみるのも面白いですね!

2018年6月22日金曜日

オカトラノオ

清教学園の食堂前からグラウンドに降りる坂の斜面に「オカトラノオ」が咲いていました(6月19日撮影)。花は花穂の基部の方から順に咲いていくので、清教学園のオカトラノオはまだ咲き始めたばかりのようですね。名前の由来は「丘」に咲く「虎の尾」のような姿から名前がつけられています。(海藻では「ウミトラノオ」という種もあります)
オカトラノオは「サクラソウ科」ですが、花の様子からはサクラソウ科という感じはしないですね。
オカトラノオはふつう茎の葉は「互生」なのですが、切られて再生した茎の葉では「対生」になることが知られています。このように、葉のつきかた(これを葉序(ようじょ)といいます)が変化することもあります。

またオオイヌノフグリなどでは、茎の下部につく葉は「対生」、先端に向かうと「互生」になるという”1個体に2つの葉序”が見られる場合もあります。


2018年6月21日木曜日

ネムノキ

私自身このブログですでにネムノキを紹介したと思っていましたが、調べてみるとこのブログで「ネムノキ」を紹介するのは初めてでした。街中ではネムノキの花がきれいに咲いている姿を目にしますが、清教学園のネムノキはようやく咲き始めたばかりです。(写真は6月19日に撮影) 清教学園は比較的涼しいためか、街中で見る植物の開花より時期が少し遅れるのが特徴です。
ネムノキの花は特徴的で、マメ科ですが蝶形花冠ではありません。萼(がく)も花冠も小さく、赤い雄蕊(ゆうずい(=雄しべ))が目立ちます。ネムノキの赤い花の色は実は雄蕊の色なんですね。



2018年6月20日水曜日

ハナゾノツクバネウツギ

これは本校ではなく、6月17日(日)に大阪市立長居植物園で撮影した「ハナゾノツクバネウツギ」です。別名アベリア、ハナツクバネウツギとも言います。今は至るところで咲いている姿を見かけますね。
以前の投稿で清教学園で見れらる「マルバウツギ」や「ハコネウツギ」などもご紹介しましたので、皆さんも「ウツギ」とつく植物を整理してみて下さいね。
ウツギ、マルバウツギ→ユキノシタ科
ハコネウツギ、ハナゾノツクバネウツギ→スイカズラ科


2018年6月19日火曜日

コマツナギ

下の写真は6月13日に撮影した「コマツナギ」です。コマツナギは、馬を繋いでいたことから「駒(馬)繋ぎ」の名前がついています。草本のように見えますが、木本の低木で、その名前がつくように非常に丈夫です。

毎年、清教学園通学門横のユキヤナギの足元に咲いています。今は咲き始めたばかりですので、これからどんどん増えてくると思います。

前回投稿の「コマツナギ」の記事はこちら↓

2018年6月16日土曜日

ムラサキカタバミ

「帰化植物」という言葉を知っていますか?
本来自生していなかった植物で、外国から入ってきて定着したものをいいます。

このブログで紹介してきたアメリカフウロ、オランダミミナグサ、セイヨウタンポポなどは分かりやすいですが、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、シロツメクサなども実は帰化植物です。オオイヌノフグリは知らない間に日本に入ってきた「自然帰化植物」ですが、シロツメクサは、ガラス製品などを箱に入れて運ぶ際に詰め物として利用され、日本に入ってきた「人為的帰化植物」です。6月11日に撮影したこのムラサキカタバミも人為的帰化植物です。鑑賞用として持ち込まれたようです。
帰化植物は江戸時代末期や明治時代に入ってきたものが多いので、おそらく日本が開国した当時に海外から多くの植物が入ってきたのでしょうね。


2018年6月15日金曜日

ヘビイチゴ

6月11日(月)にテニスコート横の階段でヘビイチゴが咲いているのを見つけて写真を撮りました。(また、果実ができていたものもありました。)以前「クサイチゴ」と「ヘビイチゴ」について記事を投稿したので、今回は違う視点で記事を書きたいと思います。(以前の記事はこちら→http://seikyorikabu.blogspot.com/2017/07/blog-post_73.html

植物は芽が出て(開芽)、葉がつき(シュートの展開)、花が咲いて(開花)、実を結び(結実)、葉が落ちて枯れる(落葉)などを毎年周期的に繰り返していますよね?このような植物の成長の時間的・季節的パターンをフェノロジー(phenology):植物季節と言います。フェノロジーから木本を見ると「常緑性」や「落葉性」が有名ですね。フェノロジーから草本を見るとどうでしょうか?短期間で地上部が枯死してしまうものが草本なので、基本的に草本は落葉性です。ただ、このヘビイチゴは「常緑性」です((落葉性(夏緑性)と書かれている場合もありますが)葉の寿命は短いですが、絶えず交替するため年中次々と開きます。‥それでは前回投稿したノビルではどうでしょうか?ノビルの地上部は秋から春まで残るので「落葉性」の「冬緑性」です。‥このようにフェノロジーから植物を見ていくのも面白いですね!






2018年6月14日木曜日

アツバキミガヨラン

清教学園のヒマラヤスギの隣で「アツバキミガヨラン」が咲いていました。名前がややこしいですが、漢字にすると「厚葉 君が代 ラン」なので分かりやすいと思います。名前の由来は諸説あるようですが、アツバキミガヨランは北アメリカ原産で、英名の「Lord's candlestick(神様の燭台(しょくだい)‥ろうそくを立てるための台)」を日本語にして「君が代」にしたそうです。少し無理矢理な気がしますが‥。

5月〜6月、10月と年に2回花を咲かせるので、また10月にもチェックしてみたいと思います。



(写真は6月11日に撮影)